15th June 2016

調理技術

調理技術

このような素晴らしい環境で 点心・焼き物・中華鍋をお出しします。点心‐点心とは、一口サイズ又は一皿の広東スタイルの食事です。

たいてい小さいサイズで 通常1ポーションに3~6個入りでお出しします。点心の中でもハーガウ(蝦餃)とシューマイ(焼売)が最もポピュラーです。

 

さらに、これら伝統的なもの以外にもSFLでしか食べられない ベトナム一の レインボー小龍包が

おすすめです。中華鍋‐中華鍋は高温になるまで熱せられます。

熱々の鍋に、油・調味料・肉が次々加えられます。

 

料理は絶えず降り動かし、合わせ調味料・スープ・野菜なども加えられ、短時間で強火で炒めます。

出来上がるとすぐ鍋からすくって盛り付けます。

 

焼き物‐広東料理での一般的な名前はチャーシュー(叉焼)で、電動回転串のついた大きな炭が燃えて

いるオーブンか 直火の上で串焼きにされた肉をいいます。

 

焼き方は独特で、焼く前から香味ソースが常にかけられていて、バーベキューのいい香りがします。

SFLでは 伝統的なローストダック、豚バラのチャーシュー、あばらのチャーシュー、チキンを

お出ししています。